自己破産出来る?出来ない?≪ギャンブルで借金を作った場合≫

自己破産出来る?出来ない?≪ギャンブルで借金を作った場合≫

自己破産出来る?出来ない?≪ギャンブルで借金を作った場合≫

今の日本はストレス社会と言われています。
ですから、昔に比べて精神疾患の病に罹る方が増加しているのです。
複雑な人間関係、悪質ないじめなどで子供の頃から家に閉じ篭ってしまい、40代や50代になっても引き篭もって生活している方も増えています。
中高年の引き篭もりが高齢者になってからの自己破産に繋がっているのです。
また、うつ病に罹る方も年々増加し、自殺者も増加の一途です。
最近では、ストレスによる依存症に罹る方も増えています。
会社でのストレスをギャンブルで解消しようとするギャンブル依存症は年々増加しています。
最近では何と子供のギャンブル依存症も増えているそうです。
会社でのストレスをギャンブルで発散させ、貯蓄を全て使い果たし、更には消費者金融などから借金してでもギャンブルをしたくなるのです。
その結果待っているのは、自己破産です。
結果的に借金を返済出来ずに裁判所に自己破産の申立をします。
裁判官が収入と借金の金額から3~5年以内に全て返済出来ないと判断すれば、破産宣告を言い渡されます。
そして、破産宣告した後に免責が認められれば、借金の返済責任は無くなるのです。
借金は無くなりますが、様々な社会的制裁や制限が課せられます。
ローンやキャッシングなど一切利用する事が出来なくなります。
また、社会的地位に居る方はその地位に居る事が出来なくなり、就職を控えている方は採用状況に影響が出るでしょう。
選挙権も一時的に無くなります。
ギャンブル依存症かも!と思い当たる方は、自分で改善するのは難しいので病院で診察を受けましょう。