自己破産の条件とは?《自己破産の正しい基礎知識を身に付けよう》

自己破産の条件とは?《自己破産の正しい基礎知識を身に付けよう》

自己破産の条件とは?《自己破産の正しい基礎知識を身に付けよう》

自己破産は裁判所に申請し、認められれば一定の資産が没収される代わりに債務の一切が免除されるというものですが、自己破産は、法的な救済処置としては最終手段と言えるもので、裁判所に認められるにはいくつかの条件があります。
大前提となる条件が支払い不能であることです。つまり、債務返済に必要な資産がないこと、また債務返済に充てられる十分な収入がないこと、すでに支払い不能となり返済が滞っているといったもので、継続的かつ客観的に見て弁済能力がないと判断された場合にのみ裁判所が自己破産を認め手続き開始することになります。
なお、自己破産ではそのペナルティとして一定の価値のある資産はすべて没収されます。一定の価値とは20万円以上の品のことで、自宅など不動産はその対象となるため処分されます。一方で自動車などは評価額が20万円を上回らなければ没収の対象とはなりません。いずれにしても没収の対象となるべき資産を持ち合わせている場合には、破産管財人が裁判所によって選任され資産の没収と算定が行われ、売却された資産は債務者に分配されます。一方で、没収の対象となるべき資産がない場合には破産管財人は選任されず、破産宣告が行われて債務の一切が免除されます。
一度、自己破産すると7年間は再び自己破産することができませんが、7年後には再び行うことが可能です。ただし、1回目に比べて2回目では破産の条件が厳しくなり、安易に自己破産が出来ないようになっています。