自己破産したら?~自己破産後の生活について徹底解説します~

自己破産したら?~自己破産後の生活について徹底解説します~

自己破産したら?~自己破産後の生活について徹底解説します~

自己破産したらその後の生活がどうなってしまうのか不安に思っている方は多くいます。自己破産をすれば何もかも失ってしまうようなイメージがありますが、借金の苦しみから逃れ、人生を再生できる手段でもあります。
自己破産したら資産があれば処分をして債権者に配布しなければなりませんので、当面の生活費をのぞいて所有財産は無くなってしまいます。処分する財産がある場合は、それを管理する破産管財人が選定され、自己破産をするひと宛ての郵便物が管財人に配送されます。また、転居や旅行をするときには裁判所の許可が必要になるなど、自由が制限されるようになります。ですがこの制限は、破産手続きが終われば無くなりますのでその後は自由になります。破産手続きの申請を行なうと、手続きが終わるまで弁護士や公認会計士など一部の職業につくことができなくなります。自己破産をすれば戸籍に記載されたり選挙権が停止になると言われることもありますが、そのようなことはありません。
自己破産したら、その後の生活は以前と同じようにすることができます。自己破産を行なうと、信用情報機関に事故情報として記載されますので、借り入れやクレジットカードが作りにくくなります。また、自己破産後は7年経つまで再び自己破産をすることができなくなります。事故情報が記載される期間は5年から7年間で、後は消去されますし、自己破産も7年経てばまたできるようになりますので、一定期間が過ぎれば制限を受けることは無くなります。